Amazonに自分のスキルを提供する

Kindle電子出版ビジネス

電子書籍は、今は誰もが読め、身近な存在になっています。Amazon市場は大きいため、あなたを必要としている顧客と出会うチャンスでもあります。そのためには、何をどう提供していくのかが大切です。

あなたの理想の顧客を選定

Kindleを出版する意味は、単純に書籍を出版して著者としての称号を得るだけではありません。あなたを必要としている顧客と出会う機会でもあるのです。そのためには、誰をお客様とするのかによって、提供するものが変わってきます。

電子書籍の制作

電子書籍も紙媒体と同じく、売れるもの売れないものに分かれます。そのため、どのような施策をすれば売れやすくなるのか、また、何をしないと売れにくいのかも同時に対策しておく必要があります。これにより、一般的な電子書籍の制作とは異なる視点で作り上げることが可能になります。

電子書籍の販売から集客

電子書籍は作って終わりではなく、何かしらの目的があります。もちろん、電子書籍の売上を増やしていくことも大切ですが、あなたを知ってもらい、次のアクションに移ってもらうことも大切な役割です。そのためには、どのような視点で全体像を押さえておくべきなのかを知る必要があります。

【初心者】電子出版セミナー

Kindle電子出版セミナーでは、Amazonという大きな市場でどのように集客していくのか、何を押さえておかなければならないのか、大きな失敗を避けるためにも必要なことをお伝えしていきます。